事業活動

第86回定時総会、急きょ書面表決に変更開催

~新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言下~

  • DSC_0025
  • DSC_0018

第86回定時総会は、通常開催の運びで準備を進めていたが、国の緊急事態宣言が延長され、急きょ書面表決に切り替え挙行された。この書面表決による代替方法は、理事会承認の議案をもとに「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)第58条及び第59条」の規定を適用し実施するもので、昨年に続いて2度目となる。具体的には、会員あてに本総会の目的である事項について提案のうえ、提案内容に同意の場合は同封書面に記名・押印のうえ返送を受ける。会員の全員が提案内容に同意の場合、総会の決議があったものとみなされ定時総会は成立する。今回の提案事項は、会長の2021年度所信表明、1号議案として【2020年度事業報告及び2020年度決算報告(案)、2020年度監査報告】、2号議案【役員の選任(案)】、報告事項として【2021年度事業計画及び予算概要】などで、5月25日(火)までに全員の同意が得られ、第86回定時総会は終結した。なお、橋本会長からの所信骨子は『国の新型コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言延長の決定を受け、苦渋の決断ではあるが本総会の通常開催を取り止め、書面表決になったこと。また、協会諸行事が変更を余儀なくされる現状への理解と協力に続き、新型コロナウイルスの猛威下における日々の路面清掃作業に触れ「街や道路をこれまでと同様、清潔を保つことにより、通行の安全性確保だけでなく、衛生面の維持向上に大きな貢献を果たしている」このことは、コロナ禍における道路清掃に課せられた重要な使命であるとの強い認識が示されている。さらに、新型ペリカンについては、一昨年、念願であったフロント・ダンプ式三輪スイーパー「ペリカン」の国内仕様第1号車が完成し販売を開始したところ、各社で相次ぐ注文の動きがあり、新型車両導入の順調な滑り出しに対して長年の課題の一つが解決しつつある』などという趣旨が記載されている。

DSC_0029

総会会長挨拶文

第86回・定時総会の開催にあたりまして一言・ご挨拶申し上げます。
皆様にはご多忙の中、本定時総会に、ご出席をいただき誠に有難うございます。また、日頃から、当協会の事業推進に格別のご理解・ご協力を賜り、この場をお借りし、御礼申し上げます。
昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、東京オリンピック・パラリンピックを始めとする様々なイベントが、中止や延期という未曽(みぞ)有(う)の事態に陥りました。
当協会においても昨年の定時総会は、書面表決というイレギュラーな対応により、皆様のご同意をいただき、終結させることができました。改めて御礼申し上げます。
新型コロナウイルスは、新たに変異株が蔓延し、今でも感染の恐れは消え去ったわけではありませんが、本総会が関係各位のご努力により、本日このように無事開催・出来たことを大変嬉しく思っております。

ところで、新型コロナウイルスの猛威は、路面清掃作業の取組にも、何かと制限を受ける今日ではありますが、翻ってコロナ禍の現状を見れば、道路清掃の必要性について、一層の理解を得る機会でもあると考えております。
つまり、日々の清掃作業により「街や道路をこれまでと同様、清潔を保つことにより、通行の安全性確保だけでなく、衛生面の維持向上に大きな貢献を果たしている」と言うことです。
このことは、コロナ禍における道路清掃に課せられた重要な使命であり、発注元に対し、欠かすことのできない優先度の高い任務であることを機会あるごとに訴えていく必要があると認識しております。

話は変わりますが、一昨年、念願でありましたフロント・ダンプ式三輪スイーパー「ペリカン」の国内仕様第1号車が完成し、皆様にお披露目ののち、販売を開始いたしました。その結果、各社で相次ぐ注文の動きがあり、本年3月末における導入車両は16台に達していると聞いております。
この新型ペリカンは、日本の道路交通法令に適合しているため、諸手続きが簡素となったことに加え、実車した運転作業者からは車幅が狭くなったことで運転しやすく作業も快適であるなどの高評価を受けているところであります。会員各位には、この機会に協会仕様・新型ペリカンの早期導入をお願いする次第です。

さて、「2020年度の協会活動」は、新型コロナウイルス感染の影響により、中止に追い込まれた事業もありましたが、我々にとって欠くことのできない「運転技術講習会」のほか、都(と)と平成25年3月に締結した「災害時協力協定」に基づく、7度目の実践訓練を実施しました。また、年明けからは、建設局との「初動対応訓練」など、コロナ禍ではありましたが、公共事業の担い手として必須の事業を厳選し取り組むなど、資質並びに技術の維持向上に努めたところです。
本定時総会の議案では、これら2020年度の事業報告及び決算報告に加え、役員の選任に関する議案の審議をお願いしております。

当協会は今後とも、「安全、安心、快適で文化を育み、そして未来へ、都民の大切な資産の保全を図る」という道路清掃事業の意義を念頭に「世界一美しい道路」を目指し、会員の皆様とともに、磨きをかけていきたいと考えております。

最後になりますが、2021年度も新型コロナウイルスの対応をはじめ課題は山積(さんせき)しております。公共事業を担う立場に身を置くものとして、協会を先頭に行政機関との連携をより一層強化し、パートナーとして期待に沿えるよう、今後も不断の努力が必要であると考えております。
そのためにも、役員一同、なお一層の精進により、協会の発展、円滑な協会運営を目指して参りますので、引き続き、会員の皆様のご理解、ご協力のほど、よろしく
お願い申し上げ、本・定時総会のご挨拶と致します。

2021年5月25日