技術研修会

運転技術講習会/技術研修会

運転技術の巧拙が道路清掃の成果や交通安全に大きく影響を与えるため、協会独自の講習会を実施し、道路清掃の技術の研鑽を図っています。

「運転技術講習会」を開催 ~運転技術のさらなる向上を目指して~

2021年9月6日(月)、協会員並びに公募会社の運転作業員など各社を代表する受講生29人を対象に「運転技術講習会」を開催した。例年、7月末に「親子試乗体験ツアー」と同時期開催していたが、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染の影響を受け、本講習会の単独開催となった。また実施時期については、東京オリンピック・パラリンピック開催中の回避や、新型コロナウイルスの収束を考慮し9月初旬としたが、感染は収まるどころか感染者が急増し緊急事態宣言が9月中旬まで延長される事態での開催となった。

  • DSC_2362
  • DSC_2370

開会冒頭、橋本会長の挨拶があり最初に、12回目の運転技術講習会がコロナ禍において無事迎えられたことに関し、「会場を貸与していただいた王子自動車学校長並びに講習会に携わった関係者に対し感謝の意」を表した。次に、今回の開会意義について触れ「道路清掃業務における安全運転・励行のための現場管理、良好な路面仕上げに資する品質管理など、不断の技術向上が不可欠であることに加え、受講生の皆様の負担を軽減させ、如何に安全な作業を行うことが出来るかなどについて考える場として、本講習会が必須であり開催を決断した」と熱い思いを語った。つづいて当協会と東京都とで締結した『災害時等における情報収集業務等に関する協力協定』に基づく実践訓練の実施に関し「これまで培ってきた清掃技術のより一層の習熟に加え、新たに道路の異常等発見時の情報連絡や、大規模災害時における道路の点検確認など道路の“見守り隊”としての使命も併せ持つことにより、公共事業のパートナーとしての重要な使命を果たしていきたい」などと決意を述べた。

  • DSC_2373
  • DSC_2382
  • DSC_2496
  • DSC_2500
  • DSC_2504
  • DSC_2517
  • DSC_2518

講習会の最初は、リモートによる建設局道路管理部保全課長の三浦和弘様からのご挨拶に続き、同課道路保全担当・課長代理の渡部和寛様から「路面清掃時における安全運転への理解促進」と題する講義を受講した。主な項目は、①建設局道路管理部保全課の紹介、②路面清掃作業中の5つの事故事例とその改善策、③安全作業に向けての3点であった。特に②における事故事例のまとめでは、「作業前のミーティングでの安全運転・体調の再確認」、「スイーパーは死角が多いということを認識し、周囲の車への危険予知意識を高める」など具体的な改善策を提示していただくなど内容の濃い講義であった。講話の終了に際し、亀田副会長から三浦保全課長並びに渡部課長代理に対する謝辞があり東京都からの講義を終えた。

  • P9060101
  • DSC_2545
  • DSC_2569

換気休憩の後、2番目の講習は、初めての試みである外部講師による「ハードクレーム対応」と題した講義を行った。講師は、㈱リカレントの渋谷三代子様で研修講師歴が15年以上あり、お客様対応スキルをご自身の経歴を踏まえ噛み砕いて説明していただいた。講話内容のポイントは「そもそもクレームとは、苦情ではなく主張・要望と訳されるものであり、相手方の話を正しく理解することが必要。またクレームは相手方が、提供されるサービスなどが自身の期待値まで達していない場合などに発せられるものであること。さらにクレームの種類には、①一般クレーム、②特殊クレーム(粘着質タイプ、病的タイプなど)、③悪意のあるクレームなどに分類されること。いずれの場合などでも初期対応策としては記録を残すことが重要で、先ず対応者の氏名、日時、対応時間などのほか、相手方の身元、連絡先、クレームの内容、経緯、結果などの記録をルール化することが肝要である」など基本事項のほか、対応時の適切なポイント解説があった。本来1時間ではタイトな講義であり、実践編も踏まえ第二弾の研修についても検討していきたい内容であった。

  • DSC_2588
  • DSC_2598
  • DSC_2603

最後に、2020年7月から開始し2021年8月まで実施した「路面清掃委託にける路上廃棄マスクの実態調査」の結果について、技術部会・佐藤秀来委員長からの報告があり本講習は終了した。なお閉会式は、感染予防対策による時間短縮のため取り止め、受講生に対する修了証書は別途送付することにした。

  • P9060016
  • P9060107
実施した感染予防対策
出席者人数制限によるソーシャルディスタンスの確保、出席者の氏名・連絡先の保管、健康チェックリストの確認、検温の実施、アルコール消毒薬の設置、会場入り口における足元除菌、立入りエリアの制限、ゴミなど持込物の完全回収、ポスター展示、飛沫防止パーテーションの設置、フェースシールド・マスクの着用、マイクの転用禁止、室内の換気など