道路清掃の歴史

道路清掃の歴史


1648年(正保5年)

江戸の町々が奉行所に道路補修や下水、側溝の清掃に関する誓約書を提出。

1872年(明治5年)

「道路掃除条目」公布。各地方長官の責任において3ヶ月に1度の掃除をすることになった。

1878年(明治11年)

郡区町村編成法により区長・戸長が定められ、これ以降、区長・戸長が道路清掃の職務を負うことになる。

1900年(明治33年)

「汚物掃除法」が施行される。道路清掃は市の負担となるが、事務は区長に委任されて執行。

1918年(大正7年)

道路の散水に自動車が導入される。

1938年(昭和13年)

日中戦争等の影響で道路清掃縮小の方向へ。

1943年(昭和18年)

道路清掃完全に停止。

1949年(昭和24年)

道路清掃、復活。都内幹線道路を洗浄車3台で清掃実施。また、失業対策の一環として人力による道路清掃作業も開始された。同年、都の衛生局の内局として清掃事業部が設置され、建設局から道路清掃部門が移管される。

1959年(昭和34年)

建設省、道路清掃の機械化を目指し、3輪ブラシ式の国産路面清掃車を導入する。

1961年(昭和36年)

建設省、アメリカ・エルジン社のロードスイーパーを輸入。東京都もオーストラリアのエベリング社製ロードスイーパーを輸入する。

1963年(昭和38年)

テストケースとして民間の清掃業者の請負制度を始める。

1965年(昭和40年)

東京都、民間企業への発注開始。

1966年(昭和41年)

歩道清掃委託開始。

1968年(昭和43年)

横断歩道橋清掃委託開始。

1985年(昭和60年)

東京都の直営の道路清掃廃止。東京都環整備公社に道路清掃を委託する。その他は民間企業への委託となり、これ以降、道路清掃は全面委託体制となる。

2000年(平成12年)

東京都、清掃局廃止。

2004年(平成16年)

東京都、道路清掃を環境局から建設局へ移管する。